Grass Roots

東日本に生まれ育った彷徨える民として
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECENT COMMENT
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
映画「三池 終わらない炭鉱の物語」と監督と下村健一氏のトークに思う
昨日(11/4)ポレポレ東中野で映画「三池 終わらない炭鉱の物語」を見た。今年5月に『むかし原発 いま炭鉱 ――炭都[三池]から日本を掘る』熊谷博子(中央公論新社、2012年)を読んだ後、ぜひ見たいと思っていたのだが、やっと見られた。

この映画は三池炭鉱100年の歴史をていねいに追っている。誰も働きたがらない危険な炭鉱(やま)へまず駆りだされたのは囚人たちだった。そして、飢餓に苦しみ生きる場を求めてきた与論島の人たち、強制連行された朝鮮人、中国人、さらに捕虜たちも。

だが、それはただの「負の遺産」ではない。そこで生きた労働者たちが、今の私たちに残していった大きな宝があると、熊谷監督は感じたようだ。そして、その通りだと思う。

この映画の山場は2つある。1960年にピークを迎える三池闘争と、闘争集結の3年後に起きた炭じん爆発事故だ。

「去るも地獄 残るも地獄」「総資本対総労働の対決」などと言われた三池闘争については、当時の組合のリーダー、会社側のキーパーソン、第二組合の結成の中心になった人々の証言と、様々な立場の人々にていねいに取材し見応えがある。語られた言葉だけではなく、その人の表情や服装、生活ぶりからも見えてくるものがあり、映像ならではの強みを感じた。熊谷監督は、正義はどこにあるなどとは言わないが、その時の関係性の中で人が立つ位置によって決まってしまう何事かがあることを見事に見せてくれる。

炭じん爆発事故では400名以上が亡くなる。それに加えて多くのCO中毒者が生まれ、その後遺症は本人だけではなく家族を苦しめる。ろくな補償もないなか、妻たちは立ち上がり、坑内での6日間に及ぶ座り込みなど、凄まじい戦いぶりを見せ、生きることの意味を突きつけた。

この日の上映後のトークは、監督と下村健一(元TBSキャスター、菅内閣の広報官)氏。下村氏は、この10月に退任し民間人に戻って、この時の政府部内での体験を語る。下村氏が強調していたのは、震災そして原発事故の時、政府は何かを隠そうとしたのではなく、何がどうなっているのか全くわからなくて、ああいう対応になったということ。東電の幹部や原子力の専門家もパニックになっていて、総理が何を聞いても、宿題をやって来なかった小学生のように下を向いて答えられなかったという。そのような事態になることを誰一人想定したことがなかったのだ。そのことの怖さを強調していた。そして、このままだと、何も変わらないで同じことが繰り返される危険があると。

なるほどな、と思う。しかし、その後で、金曜日に官邸前でデモをする人たちも、原発を維持しようと本気でかんがえている官僚たちも、同じように、私利私欲ではなくこの国を良くしようと本気で思っている。相互不信の今は良くない、というようなことを言ったのは疑問だった。それなら中曽根だって、石原だって、みんなお国のためにと思っているのではないか。原発社会から脱しようと思っている官僚も企業人もいるだろう。でも、私利私欲ではなくて、それらを本気でつぶそうとしている人たちも間違いなくいるのだ。

よりによって、この映画を見た後に、なぜこの発言なのかと思った。その人の立ち位置によっては、相手を殺してしまうこともある。殴ったり刺したりしなくても。そして、そのことを考えて行動していかないと、原発事故後の福島に、そして未来の世代すべてに、大きな重荷を背負わせたままになってしまう。それをこの映画はあらためて強く感じさせてくれたのに。

熊谷監督が言っていたが、11月9日は、炭じん爆発事故から40周年だという。奇しくもその2週間前の1963年10月26日は、茨城県東海村に日本発の動力原子炉が稼働し、「原子力の日」とされている。
スポンサーサイト
- | 08:39 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yuamu.jugem.cc/trackback/227